会社案内

ご挨拶

湯浅製瓦工業株式会社では、勝浦町沼江地区に古くから伝わる瓦づくりの伝統を受け継ぎ、現代にふさわしい建築材として活用していただきたく精進を重ねております。沼江の瓦の起源は文政の初頃であり四国八十八カ所修行中の僧侶が瓦に適した粘土が現れ出ているのを発見し、その粘土の良さに魅せられて沼江に住みつき瓦を焼き始めたのによります。

当社では、沼江の粘土の良さを生かして研究を重ねることにより昭和30年には中小企業長官賞を、32年には通産大臣賞を受賞し、沼江瓦のみならず徳島県の瓦の名声を高めてまいりました。

伝統的ないぶし瓦だけでなく、洋風建築にも調和した瓦や南欧風な瓦などいろんなニーズに対応した瓦を扱っています。

また、屋根工事面では神社仏閣から一般住宅、葺き替え工事、雨漏り補修まで屋根専門の職人が施工しております。日本の瓦の良さをアピールしつつ、屋根の下に住まわれる方々の安心を願い今後とも精進してまいる所存です。

会社沿革

  • 1919年 大正8年3月湯浅製瓦工場 創業
  • 1922年 大正11年12月当社瓦製品の品質が認められ、東宮殿下御台覧の栄誉を得る
  • 1923年 大正12年4月銀碑受賞(内国製品博覧会に於いて)
  • 1924年 大正13年10月金碑受賞
  • 1955年 昭和30年5月中小企業長官賞受賞
  • 1957年 昭和32年5月通産大臣賞受賞
  • 1978年 昭和53年10月湯浅製瓦工業株式会社 設立

会社概要

アクセスマップ

HOME > 会社案内